居抜き物件は何故おすすめなのか

年功序列制度や終身雇用制度が廃止されて、実績を上げていかなければ会社で生き残っていくことはできません。給料も希望する金額には達していない為に満足できていない人が多くいます。また国も積極的に開業を支援するように動いています。業界未経験者でも比較的失敗する可能性が低いとされているのが飲食店です。早期に繁盛店とする為に必要なことは、できる限り初期投資金額を少なくすることです。飲食店は初期投資の大半を占めるのが設備投資です。業務用の厨房機器は一般的に高額となり値下げ交渉もできません。そこで注目されているのが居抜き物件を利用することです。必要な設備や什器等が全て揃っている状態で開業ができます。自分で用意をするよりも格安で手にすることができます。

居抜き物件はどのように探せば良いのか

飲食店の多くが賃貸契約をしています。廃業や移転の為に賃貸契約を解除することになった場合には、入居当時の状態に戻すことが義務付けられていてます。不動産屋に返却をする時点では何もない状態になってしまいます。ではどのように探せば良いのかを検討してみましょう。1、オークションサイトを活用する2、不動産屋や近隣の飲食店で情報を集めるそれぞれを具体的に考えていきます。1、オークションサイトでは様々なものが売買されています。店舗ごと売却対象として出品されていることもあります。自分で工事をするよりも格安で入手ができます。2、まもなく閉店を予定している店舗情報などは不動産屋でも入手ができます。何度も通い詰めて顔なじみになることで良い情報を教えてもらうことができます。

居抜き物件は何故おすすめなのか

自分で業者と交渉をして一から組み立てていくことも開業の楽しみでもあります。しかし、時間や費用が多くかかります。特に賃貸で借りる場合には工事中でも賃料を負担しなければなりません。飲食店の場合はテーブルとイスを並べれば良いわけではありません。排水設備や業務用電気設備など特殊工事をすることになります。飲食店として運営をしたことがないテナントの場合は工事期間だけで1月以上かかることもあります。特殊工事の為費用負担も高額になります。一方居抜き物件は営業許可の取得や契約変更などの手続きだけですぐに営業を開始できます。現在営業しているオーナーにお礼金を負担することになったとしても、自分で工事費を負担するよりも半額以下で収まります。初期投資が少なければ早期に黒字転換させることができます。