居抜きにはどんなデメリットがあるのか

居抜きはコストを掛けずに出店をすることができるので、開業資金が少なくても開業をすることができるという利点があります。また、開業までの時間も短縮できるのでスピーディーな事業展開ができるという利点もありますが、いいことばかりではないということを覚えておかなければなりません。メリットしかないのであれば、スケルトンの物件を選ぶ意味がないわけで居抜きだけ選んでいればいいということになります。しかし、実際にはメリットもあればデメリットもあるのでその点を理解しておかないといい部分を活かすことができずに、悪い部分の影響だけ受けてしまうということもありうるだけに注意をしなければなりません。その点を理解していれば、出店の形態としては非常に魅力的な方法となります。

条件に完全にあう物件があるとは限らない

居抜きの欠点として条件に、完全に合致した物件があるとは限らないということです。誰もが頭のなかに思い描く店のイメージというのを持っているものですが、すでに出来上がっているものをそのまま譲り受けて開業をするわけですから、希望通りの内装や設備が整っているとは限りません。むしろ、細かいところに不満があるのが普通でありその辺は妥協をして、使っていかなければならなくなってしまいます。下手に改修工事を行ったり設備の入れ替えをするようなことがあれば、余計なお金がかかってしまうので安価で開業できるというメリットが薄れてしまい、場合によっては逆に高く付いてしまうということもありますから、ある程度妥協をすることができないのであればデメリットが大きいということを覚えておく必要があります。

需要がない可能性が高いというリスクが有る

居抜きをする場合には、その前まで入っていたテナントと同じ業態の店を開くことになるのが一般的です。業態をあわせなければ設備の流用が上手く行かないので、必然的に業態をあわせることになります。ここで問題となるのが先に入っていたテナントがなぜ潰れたのかということを考えることで、単純にその地域にその業態の店の需要がなかったのではないかという可能性が高いということです。需要がない場所にいくら優れたサービスを提供する店を出したところで繁盛する可能性は低いものですから、前のテナントと同じような理由で撤退を余儀なくされてしまう恐れがあります。また、何度もテナントが入っては潰れているという店も何かしら見えない欠点がある物件と考えられるので、その点の理由がわからずに利用をしてもすぐに撤退しなければならなくなってしまうおそれがあるのもデメリットのひとつとなります。