そもそも居抜きとはどういうことか

居抜きとは何かというと、前のお店の天井や床部分、壁のクロスから厨房のキッチンや器具、さらにはトイレまで店の主要な設備がそのまま残った状態で、すぐにでも新しくお店が開けるような物件をそのまま新しい借主に引き渡す事をいいます。 主に、飲食店や旅館、工場など営業用として使われる物件で行われています。最近では、内装や付属している設備も物件の価値として含まれて判断される事が多くなっています。物件によっては、キッチンだけついていたり、内装の一部分だけ残っているものもあります。 通常、借主は物件に取り付けた内装や設備などは全て撤去して、何もない状態、分かりやすくいえばコンクリートむき出しの状態で貸主に返す必要がありますが、貸主の許可さえあれば内装や設備をそのまま残して、新しい借主に引き渡す事が可能です。

物件を居抜きするメリットは何か?

 新しくお店を出したい人にとってのメリットは、すでに内装やキッチンなどの設備が揃っているので、新しく器具を揃える必要もなく、必要最低限の工事だけで済ます事ができるので、初期費用を安く抑える事が出来ます。また、すでに内装もできているので、時間的にもあっという間に出店をし、営業を始める事が出来ます。 お店をやめたい人にとってのメリットは、貸主に物件を返す時に、基本的には現状復帰をする必要がありますが、その必要がなくなる為、解体作業の費用がかからなくて済みます。また、新しくお店を出そうとしている人と、交渉をしていらなくなった他の設備も売却する事が出来れば収入にもなります。さらに、退去する日までの家賃も発生しないという事も大きなメリットです。 貸主にとってのメリットは、最近はこうした物件が注目されるようになり人気もあるので、新しい借主が見つけやすくなるという点があります。そして、物件の空室期間がなくなる事で、継続して家賃収入を得る事が出来ます。

物件を居抜きするデメリットは何か?

 もちろんデメリットもありますが、それはほとんど新しくお店を出したいという人にとってです。前の店の設備が残っているからラッキーと、設備をそのまま使っていると、その設備が古いものだった場合、故障したりしてしまう恐れがあります。その結果、修理費用がかかってしまい、新しい設備を入れるよりも高くついてしまうという事もありますので、そうならない為にも事前にきちんとチェックする必要があります。 また、居抜き物件にそのまま入って、営業を始めた場合、お店の内装が前の店とほとんど一緒で変わらない為、来たお客さんも前のお店のイメージを強く持ってしまうという可能性があります。もし前のお店の評判が悪かった場合、そのイメージをそのまま引き継いでしまう恐れもあるので、注意が必要です。